ゆうとの暮らし,  犬について

寒がりな犬とブランケット

以前、ブログにも書きましたが、ゆうは暑いのは平気なのですが、寒いのは少し苦手です。散歩のときも、立ち止まってしばらくじっとしていると、脚がブルブル震えてしまうことがあります。先代犬のとむは柴犬だったので、暑いのが苦手な反面、寒さには強かったので、全く、対照的です。最初のうちは、犬種によってずい分、違うものだと驚きました。

そういう訳で、夜中、暖房が切れると寒いかなと考えて、昨年の暮れに、ソファのゆうがいつもいる場所にフリースのブランケットを敷いてみました。今ではすっかり、このブランケットが、お気に入りになりました。

ソファのゆうがいつもいる場所にブランケットを敷きました。

我家のリビングには、床暖房を入れているので、昼間であれば、寒い日はたいてい、床にべったりと体を密着して寝そべっているのですが、ソファにブランケットを敷いてからは、ブランケットの上で寝ていることも多くなりました。ふわふわして柔らかい感触が気持ち良いのでしょうか。

暖かいし、柔らかくて離れられない。

先日、妻がブランケットを洗濯したときのことなのですが、ソファにブランケットがないことに気づいたゆうは、妻の前にお座りをして、じーっと妻の顔を見つめたそうです。まるで、「ボクのブランケット、返してください!」と訴えているようだったとのこと。ブランケットが乾き、ソファに敷いてあげたところ、早速、ブランケットに飛び乗って、丸くなって寝たのだそうです。

こんな感じで訴えてたそうです。

朝、私が寝室からリビングに入っても、全然、ソファから起きてこないし、昼ももっぱらブランケットの上で寝ています。

すっかり、ブランケットなしではいられなくなってしまったみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です