ゆうとの暮らし,  犬について

夏の日の散歩

このところ、とっても暑い日が続いています。
一昔前であれば、30度になるとかなり暑く感じていましたが、最近は連日のように35度を超えていますので、なんだか30度だと、そんなに暑くないような気がしてしまいます。

そうなると、早朝からすでに暑いため、散歩は大変です!

もともとほとんどの犬は暑いのが苦手。見てのとおり全身が毛で覆われていますので、熱をため込みやすいわけです。人は汗をかくことで、その汗が蒸発してからだから気化熱が奪われ、体温を下げことができますが、犬の場合、肉球以外のからだの他の部分の汗腺(小汗腺)が十分に発達していません。ですので、もっぱら口を開けて呼吸することで、口内の水分を気化させて体温調節をしています。暑いときにハアハアと荒い呼吸をしていますよね。

ですから、気温が高くなると、人もそうですが、犬は人以上に熱中症の心配があります。更にアスファルトなどの温度が高くなると肉球をやけどしてしまうこともあります。

ということで、散歩は早朝と日が沈んでから行くことになります。散歩のために夏は、ことさら早起きしないといけないのです。

それで、ゆうはどうかと言いますと、何故か、暑さにはとっても強いです。
毛にはちょっぴりアンダーコートがありますが、柴犬ほど密集してないですし、体型的にも足が長いため、比較的、地面の熱が伝わりにくいようです。そして、マズルが長いのも呼吸で体温を下げるのに有利なようです。

そのように体型的な面もありますが、そもそも暑さに強い犬種の血を引いているとしか思えません。

夏の日の散歩では、さすがに口を開けてますが、よほど暑いときでないと息遣いが荒くなりませんし、散歩から帰って少しの時間で普通の様子に戻っています。

日が暮れてからの散歩のあと、洗い場で。もうすっかり落ち着いてます。

食欲もまったく落ちないし、夏バテ知らずでうらやましいです。

それでも、このところの高温には気をつけなければいけませんが、、、

早朝の散歩は気持ちいいね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です