ゆうとの暮らし,  犬を連れての旅行

ドギーズアイランド

連休最初の日曜日、千葉県八街市にあるドギーズアイランドに行ってきました。このドギーズアイランドは、愛犬と過ごすための施設が充実したリゾートで、宿泊でも、日帰りでも楽しむことができます。2015年4月にオープンしましたが、その後も、どんどん施設を整備、拡充しています。

千葉県内のドッグ・リゾートとしては規模も大きく、休日は、沢山のワンちゃんが集まる人気の場所です。ゆうは、保護犬だったこともあり、ちょっぴり臆病なので、ここのドッグランでいろいろな犬種のワンちゃんたちと仲良くできるようにと思い、これまでにも何度か訪れています。ドッグランは、小型犬専用、中型・大型犬専用、全犬種用があり、総面積は約7,000m²(国際試合の行われるサッカ-コートと同じくらいの広さ!)だそうです。

さあ、出発!

この日は、朝から快晴。今日は一杯、遊ばせようと思い、オープンの9時に着くように、7時半に家を出発しました。道は思いのほか空いていて、予定通り、9時に到着。すでにワンちゃん連れの人たちが来ています。

ドギーズアイランドの入り口。ちらほらワンちゃんたちが集まってきています。

まずは受付へ。1年以内の狂犬病予防接種と混合ワクチン(5種以上)の接種証明書を提示します。ほとんどの愛犬と泊まれる宿泊施設で、狂犬病予防などの注射を済ませていることを求められますが、こちらでは、1年以内の接種証明書を提示しなければいけません。忘れたときには、かかり付けの動物病院へ電話して、接種したことを口頭で伝えてもらう必要があります。

早く、ドッグランに行こうよ!

広いドッグラン

受け付けを済ませて、早速、中型・大型犬用のドッグランへ。ドッグランは総天然芝で手入れもきちんとしているので、わりと綺麗です。

中型・大型犬用ドッグランです

いつもここには、いろいろな犬種の大型犬が、来ています。今日も、ダルメシアン、ホワイトシェパード、ボルゾイ、スタンダードプードルなどがいました。ドッグランに入ると、近くにいたワンちゃんが、寄ってきて、においを嗅ごうとします。ゆうは、おしりのにおいを嗅がれるのが、ちょっと苦手で、しっぽを下げて隠したりします。ホントに嫌なときは吠えてしまうのですが、今回は大丈夫でした。

ダルメシアンがいっぱい

リードを外すとまずは、ひとっ走り。それから、周辺のにおいを嗅ぎます。いろんなワンちゃんが遊んでいるところへ寄って行って、気の合うコを探して、遊びだします。

さあ、走るぞ!
こんにちは!
ゴールデンと追っかけっこ

中型・大型犬用のドッグランには、じゃぶじゃぶ池という天然の湧き水を利用したプールがあり、水が大好きなワンちゃんには、たまらないようです。

プールから上がってきたホワイトシェパートくん 気持ちよさそうです。

でも、ゆうは水は苦手。周辺を走り回ります。

プールは、いいや。。

ランチ

11時、早めにランチを食べることにしました。ここには、レストランが4か所ありますが、今日は、メインダイニングのフォレストテラスへ。ここは、ビュッフェランチで一人2,000円。品揃えや味は、この値段なら、まずまずといったところでしょうか。

ランチのときは、休憩

四季の花径(かけい)

ランチのあと、ドッグランに戻る前に、四季の花径という散策路を散歩することにしました。隣接するゴルフコースの周辺にある1.2kmほどの緑に囲まれた散策路で、名前の通り、四季それぞれの花が咲き、とってもリフレッシュできます。

四季の花径は、緑がいっぱい!

山吹の花が満開でとっても綺麗でした。

山吹の花が満開でした。

再び、ドッグランへ

午後もまだまだ、元気に遊びまわります。全犬種用のドッグランでは、まだ5か月のゴールデンと遊びました。

「君いくつ?」 「僕、まだ5か月なんだ。」

結局、朝の9時から、午後の3時くらいまで、すっかり堪能しました。帰りの車では、遊び疲れて、ぐったり。

遊び疲れて、帰りの車ではぐっすり。

今回は、日帰りでしたが、ドギーズアイランドには、宿泊できる部屋がなんと100部屋くらいあり、泊りがけでゆっくりと過ごすこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です